一つに絞った外資系転職のメリット

一貫した転職活動が可能

外資系転職の際に志望企業を一つに絞るメリットは一貫性のある転職活動を確実に行えることです。多数の企業を転職先の候補として挙げていると、ある会社の事業に関する情報が他社のものと混ざってしまうような問題が発生することは稀ではありません。それが面接で見極められてしまい、競合他社を志望していることがわかると志望先企業の目も厳しくなってしまうでしょう。一つに志望企業を厳選してしまうことで書類から面接まで首尾一貫した対応を確実に取れるようになるという点で転職活動を有利に進めることが可能になります。その準備のために必要な情報収集などにかかる時間も削減できるため、効率良い転職活動にできるというのもメリットでしょう。

多様な職種を候補にできる

業務内容な職種などで転職先を決めずに、この会社のために働きたいという一社を見つけ出すと多様な職種を候補にできるのもメリットです。外資系企業ならどこでも良いから技術職として働きたいと思っていても、自分の技術を直接活かせる企業が見つからないこともあるでしょう。そのような場合でも営業職はかなり募集が多いので、まずは営業職として働いてから実力を見せて技術職に移るといった方針を立てることも可能です。面接のときにもまずは営業で現場を学び、将来的には技術職として活躍できれば嬉しいといった話をすることもできます。志望企業が一つに絞り込まれていると、このような社内での異動も想定した求人への応募も可能になるのです。