一つに絞った外資系転職の注意点

ニーズに合っていないと転職できない

外資系企業を一つに絞って転職活動をする方法は内定を獲得するのが難しいということは肝に銘じておかなければなりません。どれだけ自分の能力を高め、資格を取得し、キャリアを作り上げたとしても、志望企業のニーズに合っていなかったら採用してもらうことができないからです。外資系企業では実力主義の場合が多いものの、企業によってはただ実績があることよりも現場との調和を考えて人格重視で選考することもあります。特に管理職クラスになると実績がないのに採用されるというケースもあるので、今までのキャリア構築が意味をなさないこともあるのです。本当に自分に合っている企業なのかを見極めることができないと転職するのはかなり難しいでしょう。

求人がないと転職が困難

一つに絞り込んでしまうと求人がなくてそもそも転職が困難ということもあります。求人が出されていれば応募すれば採用してもらえる可能性がありますが、希望職種の求人がないとなると他の職種も検討しなければなりません。場合によっては求人が一切ないということもあるでしょう。そのような場合でもヘッドハンターなどを利用して紹介してもらうことにより転職できる可能性もありますが、かなり実績を上げていて、志望企業のニーズにマッチしている人材でないと目を向けてもらえることはありません。求人が出てくるのを待っているうちに年月が経ってしまい、年齢的に新しい職場に転職するのが難しくなってしまうリスクもあるので注意しましょう。